fc2ブログ

杉本君2  【貧しさは発明の母】

 杉本君との学校での生活は、たぶんですが、1年間くらいだったと思います。

 授業の最中に、杉本君のノートの使い方に驚いて、すごいなという風に思いました。

 当時は、戦後の様々な影響があって、まだまだ貧乏な時代でした。学校では、当然のことながら、新しい教科書、新しいノートが配られたり、購入したりということで通っていました。

私は、何も考えもしなくて、ただ与えられたノートを普通に言われるがままに使っていました。ところが、杉本君のノートを見た時にビックリしました。彼は罫線を1本増やして書いていたのです。ですから、横書きの30行が60行になるんです。当然のことながら、書く空間も少なくなります。彼は、その1マスまたは1桁を半分にすることによって、その1マスに4文字書くのです。その4マスに彼は尖った鉛筆で小さな字を書いていました。本当に小さい・・・2~3ミリくらいの字で書いていたと思います。

 1マスに4文字書けるということは、100字書けるところが400字書けるということになるという事なんですね。なので、彼のノートは本当に真っ黒で、隙間が無い、そんな様なノートでした。
すごいなーと感心しきりでした。
 ある時にノートがいっぱいになったんです。
普通だったら、そのノートは自宅の机なんかに置いておくんでしょうけれども、彼はそのノートの1枚目からその鉛筆で書いた細かい字を消し始め、全部消したのです。そして、そこにまた、1マスに4文字入れるという書き方を始めました。今度はペンで!度肝を抜かれました。
 結局、100文字書けるところを、400文字書いて、しかもまたそれを消してまた書いたということで、800文字。1冊のノートを8倍の利用をしたということになります。それを目の当たりにして、ノートの使い方の反省をしました。こういう使い方があるんだなぁと・・・。

  物事を節約するとか、倹約するということは、大事な考え方なんだなと思いました。

 それから何年か経ち、この動物の仕事を続けてきましたけれども、その事業の中で、動物の種の保存、又は自然保護という考え方が専らとなって、それらの授業を専門学校の学生に講義する立場となりました。
その時に、自然保護をしたり、又は物を大切にするということはとても大切な考え方で、マザーテレサ曰く、“もったいない”という考え方が大事であると言われる昨今で、私自身は、物を大切にするということはケチではない・・・倹約や節約をするということはケチではない・・・
この地球上の自然環境を守るためにとても大切な考え方なんだという風に話すようになりました。それらは、美徳につながるのではないかと思っています。

 あるものを、全く湯水のように使って、大量生産、大量消費、大量廃棄の考え方は、改めなければならないと考えるようになりました。それは、杉本君のそのノートの使い方を見て、私自身が学んだことです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

プチZOO

Author:プチZOO
プチZOOブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR