FC2ブログ

プチZOO開園記事(読売新聞)

kikannsi kizi 2


(本文)
 可児市西部の山林に、外国のペットや家畜と一緒に遊べる手作りのミニ動物園「プチZOO」がオープンした。園長は名古屋市の日本動物植物専門学院講師中川亜耶人さん(41)(各務原緑苑西3丁目)。出張して子供たちに動物を見せ、話を聞かせる移動展示も始めており、「動物を教材にした社会教育ができたら」と、夢を膨らませている。

 動物園があるのは、可児市西帷子の東海自然歩道わき。760平方㍍の敷地に、動物の小屋や専門学校の生徒たちが飼育実習などをする二階建てのプレハブを設置。ワラビー、チンチラ、フクロギツネ、ハリネズミ、イグアナ、プレーリードッグ、ポニーなど、ペット条例に触れない穏やかな動物ばかり23種、130匹を飼っている。

 中川さんは東京育ち。子供のころから野鳥などの動物が好きで、日大農学部を卒業後、宮崎県のサファリパークに飼育係として勤務。このころから、「動物を通しての教育」をテーマに考えるようになり、学芸員の資格を取ろうと30歳を過ぎて勉強を開始。7年前に犬山市のリトルワールドに転じ、念願の学芸員の資格も3年前に取得。昨年から同学院講師となって独立、「動物と自由に触れ合え、なかよしになれる動物園を」と、4か月がかりでプチZOOを建設し、先月オープンした。

 見学は無料。移動展示は、車で二時間以内の距離を原則に応じており、5万円ほどと「業者の半額」という安さ。動物と遊んだ後、中川さんが子供たちに恐竜の話などをしてくれる。

 中川さんは「動物とも植物とも仲良く暮らす気持ちを育てられたら。将来は、老人ホームや精薄者施設での展開も試みてみたい」と話している。

 問い合わせは、プチZOO(0574-65-1231)へ。     読売新聞91.5.19

※現在は見学できません。

プチZOO開園記事(朝日新聞)

kikannsi kizi
(本文)
 名古屋市東区の日本動物植物専門学院講師中川亜耶人さん(41)=各務原市緑苑西3丁目=が、可児市西帷子に、家畜と野生動物を集めたミニ動物園「プチZOO」を造った。「小さくてもいい。自分なりの動物園を。」という夢を実らせた。幼稚園などへ出かける移動展示も試み、動物を通して社会教育にも役立てたい、と意気込んでいる。
 
 中川さんは、日大農学部を卒業。1975年、宮崎県のサファリパークで飼育員になった。動物の世話が始まった。「既設の大きな動物園では、教育目的を主とした運営はできない」。いろいろな動物の生態を知った中川さんは、博物館としての動物園に興味を持った。10年ほど前から学芸員の資格を取る勉強を始めた。
 
 7年前、犬山市のリトルワールドに。学芸員の資格が取れたのは3年前。専門学校の講師になり、動物の生態学の教育を目指し「ミニ動物園」造りを決意した。
 
 1月から約4か月かけて、動物たちの小屋を作った。専門学校の生徒が寝泊まりできるように、プレハブ2階建ての家も建てた。動物の移動展示をするため、トラックも改造した。
 
 手に入れた動物は家畜のヒツジ、ヤギ、英国の農耕用の犬、カンガルーに似たワラビー、プレーリードッグ、グリーンイグアナ、毛皮に利用されているチンチラなど合わせて約20種類、130匹。建築費や購入費で約3,500万円かかった。
 
 「プチZOO」は無料で見学できる。収入は、自分の講師料と移動展示動物園だけ。動物たちのえさは、近くの原っぱで刈ってきた草。今後は、移動展示のイベントを増やして収入を上げていく考えだ。
 
 中川さんは「自分の好きなことだから赤字は覚悟している。それよりも、この動物園で動物と触れ合ってもらい、人と動物の共存について学んでもらいたい」と話している。
 
 プチZOOの連絡先は0574-65-1231。    朝日新聞91.5.13

 ※現在は入園できません。 
プロフィール

プチZOO

Author:プチZOO
プチZOOブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR